「なぜ働いていると本が読めなくなるのか」

2024.07.08

「なぜ働いていると本が読めなくなるのか」を読んでいます。

日本人と読書の歴史を概観しつつ、現代の労働と文化活動のアンバランスさという問題に迫った本。

読書好きはかなり楽しめると思います。

この本を読みながら、われわれの思想の大部分は、本によって、書店によって、出版社によって、ある程度コントロールされているのかもなあと思ったりした。

本の趣旨はめちゃ要約するところ、本も読めないくらい(趣味の文化活動もできないくらい)、働かなくてよくない?という本みたい。完全に同意見だなあ。

まだ途中だけど、最後まで早く読みたい…。

一覧へ戻る

ARTICLE